脱毛できない時期と部位

現在、多くの女性がエステ脱毛の際に行っている光脱毛。
安全で痛みの少ない光脱毛ですが、利用できない時期や部位も存在します。

 

まずは時期に関してみていきましょう。
すぐに思いつくのは妊娠中ではないでしょうか。

 

直接お腹の中の赤ちゃんに影響が出ることはありませんが、妊娠中はホルモンバランスが妊娠していない時とは違うので、肌が敏感になり肌荒れしやすいのです。
肌荒れしやすいのは授乳中や生理中にも言えることですので、これらの時期は避けましょう。

 

また、日焼けをしてしまった時も避けた方がいい時です。
日焼けした肌にはメラニン色素が多く含まれているので、そこに光を当てるとエネルギーが吸収されることがあります。
その結果、肌の炎症をおこしたり、強い痛みを感じることもあるのです。

 

次に脱毛を避けた方がいい部位に関してです。
光脱毛を行うにあたってやけどを起こしてしまう可能性があり、注意しなくてはいけない場所が黒子やあざ、タトゥーです。
黒子であればテープで隠して行うことができますが、広範囲のあざやタトゥーは周りを避けることになるので、その周りだけ毛が残ってしまうことがあります。

 

あざであれば日焼けのように一時的に避けるということもできますので、相談してみてください。
また、粘膜部分も注意が必要です。

 

最近人気が出ているデリケートゾーンは刺激に敏感でやけどをすると大変危険です。
しかしサロンによっては脱毛できるところもありますので、施術する場合にはよく調べてからにしましょう。