毛周期とは

私たちの体には、いつも同じ毛が生えているわけではなく、生えては抜けて…を繰り返しています。

 

しかも一度に抜けるのではなくすべてバラバラです。
そして表面に出ている毛はなんと全体の3割ほどと言われいるんですよ。
(すべての毛穴の数は数百万個もあります。)

 

この生えては抜けて…のサイクルを「毛周期(もうしゅうき)」と呼びます。
具体的にどのようなサイクルかといいますと、主に成長期、退行期、休止期の3つに分かれます。
成長期は細胞分裂が始まり、皮膚の下で新しい毛が生まれ、毛が太くなって表面に出てくる時期です。

 

次に細胞分裂が止まって毛が上へ押し上げられる時期が退行期。
そして毛が自然と抜け落ちていく時期が休止期です。

 

場所によってそのサイクルは早くて3~4か月、遅くて5年とバラバラです。
成長期の毛が皮膚の下にいるので、ムダ毛を抜いてもすぐに生えてくるように見えるのはそのためだったんですね。

 

ではなぜ脱毛エステが毛周期に合わせて行うのかわかりますか。
毛穴の中にある毛母細胞に光を当てて施術を行うのですが、効果が出るのは実は成長期のムダ毛なのです。

 

肌から見えているムダ毛の中でも退行期のムダ毛には効果があまり出ませんし、休止期では細胞にダメージを与えることすらできません。
ですので、毛周期に合わせて1、2年通いながら処理を行うのです。

 

数回通ったところでまた生えてくるのは当たり前のこと。
つるつるにするためには根気が必要ということなのです。