VIO脱毛ってどんな体勢でやるの?

最近女の子同士で喋っていると、よく会話の中に登場するVIO脱毛。
生理の時にもムレなくていいと、結構話題になっていて、脱毛エステでもハイジニ―ナのコースが準備されています。

 

そんな人気のコースですが、人様にそんな部分を見せるのは恥ずかしいと思ったり、やってみたくてもどんな体勢で施術してもらうのか分からないし、不安でエステサロンに行けずにいるといった方も多いと思うので、どんな状態での施術なのか簡単に説明していきますね。

 

まずVラインですが、Vラインは紙パンツをはいて足を閉じての施術です。
Vラインの場合は、下着からはみ出してしまう部分のみの脱毛や、元々毛が濃い方は数回全体にフラッシュを当てて、毛の量を少なくしてからVラインの脱毛をするといったやり方もあります。

 

Iラインは足を開いて毛が生えている部分のみにフラッシュを当てるといったやり方ですが、粘膜の部分に生えている毛は脱毛ができません。

 

なので、その周辺の毛を脱毛することになります。
水着を着ても、下着を履いても、ここの部分の毛がはみ出てしまうのがやっかいですよね。

 

自分で処理をすると危ない部分なので、こういったエステサロンでの施術が安心ですよ。
Iラインはすべて無くしてしまう方が多いので、回数も多めにしておくと安心です。
Oラインは、お尻の周りのことです。

 

お尻はうつぶせに寝て、少しお尻を浮かせるような体勢で行いますが、特に恥ずかしいこともありません。
この部分は生えていないと思っていても、意外と生えていることが多いのだそう。
VIと脱毛したら、きっとOも気になってしまうので、初めからこの3箇所を脱毛してしまうことをおすすめします。